1 / 11

アードベッグ ガリレオ


アードベッグ ガリレオ…近代天文学の父「ガリレオガリレイ」にちなんで名付けられたアードベッグの最新作。去年10月、無重力状態でウイスキーの熟成はどう進むのかを科学的に研究するため、あーどベッグが国際宇宙ステーションに運び込まれた。これをPRする「アードベッグロケットツアー」が今年の5月にシカゴで始まり、これを記念しての限定発売となった。

1999年のアードベッグとマルサラワインカスクで熟成させたモルトを、バーボンカスクで寝かせたガリレオは海外ではわずか数時間で完売となった程の話題作です。

香りは、ペッパーのようなスパイシーさの中に完熟フルーツが漂い、香ばしく焼き上げたクッキーやダンボールも微かに顔を出す。口当たりが柔らかくアードベッグのパワフルな印象は持ち合わせないが、後味でしっかりピートがのってくる。加水でアードベッグの甘さが本格化してくる。余韻の中にコーヒーやメイプルなども感じる複雑な味わいに仕上がっている。

アイラ初心者からエキスパートまで楽しませてくれそうな、早期完売の予感商品です。当店でも在庫が少ないので早めのご来店をお待ちしております。

20121006194217_1