INFORMATION - インフォメーション


ロングモーン 24年 1992 ウイスキートレイル ドラゴン


ロングモーン…日本のウイスキーの母とよばれる蒸溜所。ブレンド調和力が素晴らしく、「ブレンダーの親友」とか「スぺイサイドの宝」なんて言われてるシングルモルトウイスキー。

 

「ウイスキートレイル ドラゴン」シリーズは、エリクサーディスティラリーズが日本限定でリリースした6部完結のオリジナルシリーズです。なぜドラゴン?なぜ6部?など深いことは、ワタクシよくわかりません。

 

最初はオレンジマーマレードやプラムがあり、フィニッシュの紅茶の渋み感がダークなコクと力強さをまとう。石炭直火焚き蒸溜時代の長熟ロングモーン。258本限定の渾身の一本です。

グレンロセス 26年 1990 ウイスキートレイル ドラゴン


グレンロセス…カティーサークの核となる蒸溜所。大胆というよりは慎ましく、派手というよりは端正、などの言葉が似合うシングルモルトウイスキー。

 

「ウイスキートレイル ドラゴン」シリーズは、エリクサーディスティラリーズが日本限定でリリースした6部完結のオリジナルシリーズです。同系列の「ザ・ウイスキー・エクスチェンジ」は数々のアワードを受賞していることで知られています。

 

シェリー樽熟成の印象が強いグレンロセスにおいて、数少ないバーボン樽熟成で、26年熟成ならではの柔らかくフルーティーな味わい。ハーブ系の香りやリンゴや柑橘などを感じますが、本領発揮はまだまだこれから…といった印象。長熟バーボン樽ならではの優しい甘さが包み込むような味わいは、もう少し液面が減ってからと、期待満載の味わい。114本限定のバーボン樽ロセス…今後の更なる変化が楽しみでなりません。

連休のご案内


5/6(日)~5/8(火) 誠に勝手ながらお休みします。

 

皆様方には大変ご迷惑お掛け致しますが、ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

ザ エッセンス オブ サントリーウイスキー 知多蒸溜所ワイン樽4年後熟


知多蒸溜所…ワイン樽での熟成などを研究している蒸溜所。ワイン樽熟成のウイスキーは、山崎や知多などのブレンドにもしようされ、独特の甘やかで豊かな味わいをもたらす重要な原酒となります。

「ザ エッセンス オブ サントリーウイスキー 知多蒸溜所ワイン樽4年後熟」は、ミディアムタイプのグレーン原酒を、12年以上ホワイトオークで熟成させ、その後ボルドーの赤ワインに使用された樽に詰め替えて4年以上更に熟成させたウイスキーです。グレーンウイスキーならではのストレートでピュアな酒質によりワイン樽由来のエレガントな香味をダイレクトにお愉しみいただけます。

 

香り:ピュア、スウィート、杏子、干し柿

味わい:なめらかでとろ味感ある、プラムのような甘酸っぱさ

余韻:ほのかなカカオのほろ苦さと酸

 

メーカーコメントでした。

ザ エッセンス オブ サントリーウイスキー 白州蒸溜所ライタイプ


白州蒸溜所…多彩な原酒づくりの一環として、2010年より連続式蒸溜器を導入した蒸溜所。これは一般的な連続式蒸溜器の中では極めて小さい規模で、多彩な原料を使用することができ、グレーン原酒の新たな香味のバリエーションを広げる取り組みを行っています。

「ザ エッセンス オブ サントリーウイスキー 白州蒸溜所ライタイプ」は、原料にライ麦を使用し、その特徴を残す為、通常のグレーンウイスキーより低いアルコール度数で蒸溜しました。その後、内側を強く焦がしたバーボンバレルの新樽で熟成させることで、ライ麦由来のフローラルやハーブの香り、スパイシーな余韻をお愉しみいただけます。

 

香り:フローラル、ハーブ、シナモン

味わい:口中に広がる華やかさ

余韻:ホット、スパイシー

 

メーカーコメントでした。

ザ エッセンス オブ サントリーウイスキー 山崎蒸溜所ピーテッドモルト


山崎蒸留所…世界でも類をみない、多彩な原酒のつくり分けを行う蒸留所。その様々な個性を持つ原酒のひとつであるピーテッド原酒は、モルトウイスキーの原料となる麦芽を乾燥させるとき、ピートを燻した煙をやや強めにあててつくりなす。このスモーキーな味わいの原酒は、幾つかの役割がありますが、ブレンドするときに少量加えることで、香味に複雑さを付与し、後味のアクセントとキレが増します。

「ザ エッセンス オブ サントリーウイスキー 山崎蒸留所ピーテッド」は、ウイスキーの特徴を十分もちつつもやわらかく熟成のよい原酒をセレクトしました。

 

香り:やわらかい燻製様、熟成した甘さ

味わい:ベリー系の甘さと酸味、燻製様のスモーキー

余韻:ウッディーな甘さ、スモーキーな余韻が長い

 

メーカーコメントでした。