1 / 11

アードベッグ ダークコーヴ


アードベッグ…1815年設立だが、じつは1794年から密造していたといわれる蒸溜所。モルトのなかで最もピートの度合いが強く、アイラモルトの中でも特質したシングルモルトウイスキー。

2016年5月27日~5月28日は世界がアードベッグで乾杯する「アードベッグ・デー」。月光の中で輝くポットスチルの銅の色合いのダークシェリーのカスクで熟成させた秘密の原酒らしい。

香りはTENととても似てるが、ピート感が穏やかに感じるのはシェリー樽のせいだろうか。アードベッグというと強烈なピートと潮のイメージだが、むしろナフタリンや段ボール、インクのような香りのが印象的だ。飲んでみるとヘザーハ二ーやメープルの甘さが舌を刺激し、あとからピートや潮。味わいがとても穏やかでのど越しもとてもスムース。余韻のなかでピートと共にオレンジやチョコレートが出てきて、とってもリッチ。時間の経過でスミレのような香りもあがり、高貴な感じ。

今年のアードベッグの新作は、いままでよりもグレードアップした印象でとても好感触。長く愛せる貴重なお酒になることは間違いないと思います。

20160527224044_1

20160527225933_2

1 / 11