グレンバーギー1983 セレブレーションカスク


グレンバーギー…バランタインの主要モルトで、シングルモルトとして出回ることは少ないウイスキー。また、今では幻化しているグレンクレイグの生みの親でもある歴史深い蒸留所です。

今回巡り合ったのは、セレブレーションカスクというシリーズの26年。スコッチ業界の超重鎮がプロデュースするもので、長年のキャリアで培われたコネクションで入手が困難な良質の樽を所有。その中で特に状態の良い樽を厳選してセレブレーションカスクとしてボトリングされたそうです。

やや控え目な色合いで、甘いシェリーや白バラを思わせる香りです。少しトロミのある液体とは裏腹に良い意味で瑞々しい味わい。ピークに達するまでかなりの時間を要しますが、フィニッシュはミントのようなかおりと共にあまやかです。

暑いこの季節の深夜のストレートでいかがでしょうか。

TS3R0028

グレングラント41年 1968 ダンカンテイラースペシャルピアレス


グレングラントは、販売量が2位になるほどの蒸留所…イタリアではシングルモルトといえば最初に名前があがるのではないでしょうか。また地元スコットランドでは、ウイスキーのブレンダーがプレミアムスコッチを作り上げる時に欠かすことの出来ない原酒と言われています。そんな蒸留所の41年熟成がスペシャルピアレスより発売しました。

へーゼルナッツや熟したピーチ、キャラメルなどの香りが非常に印象に残ります。舌触りはとてもまったりとしていてオイリーさを感じます。一言で言うと「とても濃厚」がぴったりですね。

100人を超えるウイスキー愛好家が選んだ、まさに究極…これを超えるボトリングはありえません。

TS3R0025

アードベッグ ローラーコースター


アードベッグコミュッティーの10周年を記念して発売(国内未発売)された商品です。ヴィンテージ1997~2006の10種類の原酒をヴァッティングしてあるそうで…10周年にちなんでなのでしょうか。

香りはやや穏やかです。樽香というか少しフレッシュ感をのこしたようなピートの香り、レモングラスなどのハーブ香・オレンジ果皮などの柑橘っぽい香りもします。色合いも穏やかで少しとろついた感じです。

飲んでみると香りとは裏腹に、アードベッグファンを決して裏切らないのど越しのパワフル感、柑橘香に隠れていた濃いピート感がぎっしりです。少し加水がお勧めですね。

国内未発売ということで、なかなかお目にかかれない品ですよ。アードベッグ愛飲家はゼッタイ飲みたい10年凝縮の銘酒です。

TS3R0024

タムデュー40年 1968 ダンカンテイラースペシャルピアレス


なんとなくマイナーですが、ダンヒル・カティーサーク・フェイマスなどの味を担うと共に、グレンロセスやマッカランなどの有名蒸留所に麦芽を供給するようなとってもメジャーなウイスキーです。製麦法にもこだわりがあり、今でもサラディン方式(説明はお店で…)で製麦しているのはタムデューだけではないでしょうか。

今回はダンカンテイラー社より、超長熟かつ飛び抜けてクオリティーの高いシングルモルトを集めたスペシャルピアレスより登場。

穏やかな香りですが、時間とともに芳ばしくオーキー…かすかなローズマリー香的なものも感じます。突出した味わいはなく、とにかくソフトでマイルド。やさしさがとても印象に残る味でモルト初心者でも是非ストレートで楽しんでいただきたい。

希少酒ですが、時の生み出す奇跡をより多くの方に堪能していただきたく、ハーフショットもご用意します。味も値段もやさしいウイスキーのはずです!

TS3R0021

オスロスク 18年


オスロスク…1974年に建てられた当時最新鋭の蒸留所。国際ワイン&スピリッツ大会をはじめ、数々の品評会で賞をそうなめし、国際的にも評価が高いスペイモルトです。日本ではあまり馴染みが無い名ですが、シングルトン パティキュラーといえばピンと来る方が多いかもしれません。90年代後半にシングルトンの名では発売されなくなり、オスロスクとしてもボトラーズがたまに出回る程度の珍しい品です。

今回は、ブラックアダーのロウカスクシリーズです。加水濾過など一切せずにボトリングのため、樽からのチョクドリ。いわば、鮮度抜群な状態です。深い樽香と華やかな口当たり、シェリーとバーボン樽の味わいの代表作といえるウイスキーに仕上がっています。

TS3R0016

スプリングバンク CV


過去に日本の輸入量が2位を占めていたほどの超人気モルト、蒸留は2回半、麦芽自給率100%、塩味が世界一感じるなどといわれるスプリングバンクから10年ぶりに『CV』が再登場!

CVとは、チェアマンズヴァッティングとか履歴書という意味があり、熟成年数や樽種など個性の違うカスクをバランスよく混ぜることで、スプリングバンクの魅力を存分に表現しています。洋ナシやハーブの香りがあり、潮風や朝露の森林を連想させる味わい、そして軽いヨードの余韻を感じます。

安価で最近はやりのハイボールなんかにも適していると思います。モルト好きのベテランから、これからモルトに挑戦したい方まで幅広く楽しめること間違いなしです。

TS3R0015