ディスティレリ・ド・パリ


ディスティレリ・ド・パリ…パリ市内にひっそりと佇む蒸溜所。香りの構造を考え、香水作りの知識と経験をもとに生み出されたクラフトジン。通常一週間もあればできるとされるジンですが、全ての工程を手作業で行うため生産に三か月もかかるらしい。

 

「バッチ1」、「トニック」、「ベル・エール」の三種が入荷。個々の特徴までは、なかなか書ききれないほどだが、どれもジュニパーベリー主体のジンとは全く別物で驚きです。穏やかで、気品溢れるアロマが辺りに漂う感じ。鼻抜けが花畑のような香りでたまらなく心地よい。複雑なフレグランスと爽やかな舌触り、そして軽快なのど越しがまさに「飲める香水」!ストレートはもちろんですが、割り物でいろいろ楽しめる。デュークスホテルのセイクレットマティーニも真っ青なマティーニになるかも…。

 

 

季の美 京都ドライジン for毛利


季の美…日本ならではのボタニカルを使用し、ロンドンジンの製造技術を取り入れた「京都蒸留所」が誇るジャパニーズクラフトジン。「for毛利」は、毛利マティーニで世界的に知られる毛利隆雄氏の古希とバーテンダー歴50周年をお祝いした限定品。

 

ジュニパーベリーと柑橘香、お茶感が強く感じられインパクトがある香り。舌のせは柔らかで控え目な印象だが、鼻抜けが柚子やグレープフルーツの感じでとってもフレッシュ。やはりお茶感があり日本の情緒あふれるような逸品です。ストレートで試したあとは、ぜひマティーニにして飲んでください。

 

毛利なんて呼び捨てにするのはおこがましいかぎりですが、ボトル表記がそうなのでご容赦お願い致します。

シックスセインツ


シックスセインツは、グレナダ島の南部にあるグレナダディスティラリー(旧グレナダ シュガー ファクトリー)でつくられたラム。5~8年バーボンの空樽で熟成し、41.7%でボトリング。

色は透明感のあるゴールド。グレープフルーツや焦がしたナッツやイチゴの飴などの香りで辺りがとってもスウィートな感じに包まれます。味はややドライでちょっと工業的からのメープルやマンゴーといった感じ。余韻もふくよかで長い。度数も低いのでストレートで十分楽しめる。季節柄、ミストぐらいがサイコー!氷によって爽やかな柑橘やカカオの苦味などがあって、とても印象的に変化します。

ロン バルセロ インペリアル


今回はラムの紹介です。

ロンバルセロインペリアル…4年から20年もののバッティングで仕上げられた、ドミニカ産のラムです。

10年ほど前になりますが、ビバレッジ インスティツート オブ シカゴにて100点満点中97点の脅威の点数をたたき出し、ラムの世界最高の称号を与えられた年間生産数万本の限定品。

香りはとても滑らかな印象をうけるが、後味にしっかり厚みがある。余韻はやや短めだがすっきり感があとをひくような感じ。

寒くなってきましたが、まだまだラムがアツいです。

TS3R0043

クラシックラムシリーズ


クラシックシリーズは、ウイスキーの蒸留所がそうであるように、単一の蒸留器で作られたラム酒です。

今回は、ニカラグア産とガイアナ産をご用意しました。

強い樽の香りとヘビーな味わいは、夏を忘れたくない方は、是非試してください。

080930_2012~01