ダイナソー 2008 8年


ダイナソー…スリーリバースが手掛けるアイラ島の蒸溜所のヤングエイジをセレクトしたシリーズで今回で第11弾となる。蒸溜所名はふせた形でのリリースだが、2008年~2016年のバーボンホグスヘッドとなっている。

 

今回は「プロサウロロフス」という草食恐竜の仲間のラベル。相変わらず斬新で目を奪われるラベルデザインです。

 

海藻めいたパワフルな香りの奥に、軽い柑橘やら焦げた感じやらバーブのようなフレーバーもあり、ちょっと忙しい?感じ。味わいは、甘さのなかにスモーク感やモルティーさがあり心地よい。ヤングエイジだけにピートやヨードが強烈かと思いきやかなりソフトなアタックでありがたいような残念なような…。香りとはウラハラに、若さいっぱいのわちゃわちゃがなく、かなりまとまった味わいでストレートやちょっとの加水で存分に楽しめる仕上がりです。