1 / 11

アードベッグ 21年(トゥエンティ―ワン)


アードベッグ…少し前に200周年を迎えた歴史ある蒸溜所。ピート香、スモーキーフレーバーがひときわの「究極のアイラモルト」と称されるシングルモルトウイスキー。

21年(トゥエンティ―ワン)は昨年の秋発売のオフィシャル超限定品。アードベッグの最も困難な時代に蒸溜されたわずか数樽しかない希少なリザーブウイスキーを含んだ逆境に負けない強い決意と努力から生まれた傑作品。

 

バーボン樽らしい深みのある少しくすんだ黄金色。加水だけにかなり穏やかだが、スモークチーズや乳酸、乾いた柑橘などの香り。舌のせもやさしさが全面にでつつ、あとからゆっくりピートや炒った胡椒、麦感などがよぎる。ここ数年リリースのアードベッグのパワフルな感じに比べるとかなり心和む柔らかさ。アードベッグ蒸溜所の波乱に満ちた過去に思いをはせながら、ゆっくりと堪能したい仕上がりです。