1 / 11

ミルトンダフ 36年 1978 ケイデンヘッド・ゴールド


ミルトンダフ…バランタインの重要なモルト原酒となっている蒸溜所。ほとんどがバランタインに使われるため、シングルモルトとしてはあまり出回ることのないウイスキー。

ケイデンヘッドは1842年創業という長い伝統を持つ、スコットランド最古のインディペンデントボトラー。その中でもゴールドラベルは、 ゼネラルマネージャーが選んだ特別なウイスキーに貼られるプレミアム商品。

ホグスヘッドで36年熟成。香りはバブルガム、マシュマロ、バニラ、など豊かな甘みが広がります。レイヤーのほどけも早く、リッチな味わいがどんどん押し寄せ、香ばしいオレンジ、シナモン、麦汁を思わせる甘さ、そしてピーナッツバターを思わせるナッティでクリーミーな味わいへと膨らんでいきます。爽やかで軽めのスタートからの長すぎるくらいの余韻は真夏のストレートに違和感を感じさせません。

 

IMG_0261