スプリングバンク19年 


スプリングバンク…過去に日本への輸出量がグレンフィディックについで第二位を占めるほど国内人気の高い蒸溜所。大資本系列にも入らず、完全手作りにこだわったシングルモルトウイスキー。

この19年は今年9月に行われた「ウイスキー ライヴ パーティー」を念したボトル。「ウイスキー ライヴ」は2000年に日本で始まり、今や19か国都市で開催されるウイスキー愛好家からビギナーまで幅広く楽しめるイベントです。

シェリー樽主体の濃く黒っぽい色合いですが、コテコテシェリーではなくコーヒーや炭やらビターオレンジマーマレードの香り。フレッシュなドライシェリーも感じます。舌に乗せると、菓子パンのような甘さとバンクの塩気が絶妙に混ざり合うところからのビターチョコレートのような苦味、蜂蜜、赤いベリー系の後味やレーズンやら白胡椒と複雑で芳醇なアクセントがあり、ほのかなピートが全体を包み込むようです。

バンクにしてはちょっと珍しい味わいですが、めったに味わえない特別なスプリングバンクをどうぞお見逃しなく。

20151126063951_1