1 / 11

ジュラ 1988 24年 サ・ソープ


アイルオブジュラ…アイラ島の北東に位置する人口わずか200人のジュラ島にある蒸留所。約8メートルもある巨大で背の高いポットスチルと、ピートを焚き込まない麦芽から生み出される、ライトボディーのシングルモルトウイスキー。

何ともスリーリバースさんらしいネーミング。この「サ・ソープ」はウイスキーをテイスティングして感じたその味の特徴であるソープ(石鹸)をイメージして名前とラベルデザインを作り出したそうです。

香りはとってもオーキーで長熟感満載。ライトな味わいだが、余韻がとにかく素晴らしい。さわやかなハーブとセクシーな香水のような魅惑感。もちろんあとからソープ!

他のモルトと同じ大麦と水を原料に、同じ製法で作られるウイスキーがどうしてこんな特異な個性を生み出すのか、そんなウイスキーの神秘に思いをはせながら飲んでください。

DSC_0049