1 / 11

ノッカンドゥ 21年 


ノッカンドオ…J&Bのメインモルト。オフィシャルでは珍しいラベル表示で、普通は熟成年数を書くだけだが、中身を蒸留した年を明記している。

スペイサイドでは、知名度の高いシングルモルトウイスキー。熟成にジャックダニエルやメーカーズマークの樽を主に使うが、大部分はブレンド用で、シングルモルトとして出荷されるのは5%ほどしかない。

オフィシャルの21年は、最初にほのかなシェリーの香りでゆっくりとカカオやキャラメルがあがる。スパイスとコーヒーのような香ばしさが絶妙に絡み合うあじわいで、アルコール感はほとんどなくストレート初心者にとってもお薦めです。

20120430220620_1