1 / 11

ベンリアック18年


ベンリアック蒸留所は、メジャー蒸留所であるロングモーンに隣接していることからロングモーンの姉妹蒸留所と言われているが、ロングモーンほど王道を歩んできたわけではない。創業わずか2年で閉鎖、その後半世紀ほどたって操業が再開されたがブレンド原酒としての販売が多く、シングルモルトとして販売されるようになったのは、まだまだ記憶に新しい。

紹介するのは、TWE社の看板ザシングルモルツオブスコットランドから出ている18年熟成のベンリアック。もともとピーティーなイメージのベンリアックだが、飲んでみるとかなり衝撃的です。ややオイリーでプラムやパイナップルの甘い味わい…余韻はかなりながく感じるが、ものすごくか細くデリケートな印象です。どちらかと言うと玄人うけが良さそうな複雑さがとても心地よい。

TS3R0049